MSG対策には亜鉛とマグネシウム

本記事は神戸ナカムラクリニック中村篤史院長から許諾いただき、「院長ブログ」に掲載された「MSG」を再編集したものです。

うま味調味料の危険性とは

100年以上の歴史があるうま味調味料を製造している会社。池田菊苗が昆布からうま味成分のグルタミン酸ナトリウムを発見したのが1908年で、その翌年に友人の鈴木三郎助と一緒に設立した会社です。味気ない食材も「うま味調味料」を入れるだけで見事に美味しくなるこの「魔法の粉」を、飲食店はこぞって買い求めました。1933年には日本国内での年間消費量は500万kg以上に達しました。

日本軍は兵士に供給する缶詰などの配給食にもうま味調味料を使いました。米兵が捕虜の日本兵の所持品から缶詰を見つけて食べてみたら、あまりの美味しさに驚いたそうです。本国に帰った米兵によって日本の配給食のうまさが口伝えで広まり、米軍が本格的に「うまみ」について研究するきっかけとなったという逸話があります。

美味しいだけならいいのですが、このMSG(グルタミン酸ナトリウム)がうまみと引き換えに奪っていくのは健康でした。MSGに毒性があることは、ずいぶん前から知られていました。

味覚を刺激するから美味しくなるのですが、実際はそれだけではすみません。MSGは脳神経をも刺激するのです。急性の症状としては、紅潮、痙攣、頭痛、頭皮の突っ張る感じなどがあります。また、痛みの閾値を下げる作用があるため、慢性疼痛、慢性頭痛、線維筋痛症の人では症状が悪化します。

補足
ミオンパシーでは、こうした症状の改善のサポートをしていますが、栄養改善によって症状の緩和の進捗が、著しく改善する傾向があります。

過剰なMSGは脳内に蓄積しNMDA受容体に作用します。その結果、細胞内にカルシウムが流入し、神経細胞にダメージを与え細胞死を引き起こします。このMSGの興奮毒性が、脳卒中、自閉症、ALS、アルツハイマー病などを引き起こします。

身体に悪影響を与えるうま味成分グルタミン酸ナトリウム

体になぜ悪いのか、その原因も詳細にわかっているのに、国はMSGの使用を許可し「うま味調味料」はどこのスーパーでも買うことができます。食品会社の利権や外食産業の都合など、市民の健康よりも優先される価値観があり、これを基準に世の中は動いているとしか考えられません。テレビやマスコミがお勧めするものを素直に受け取っていては、健康を守れない時代になりました。その一方でインターネットにはたくさんの情報があふれています。自分の健康を守るには、その情報の嵐の中から本当に有益な知識や知恵を探し出し自ら実践していくほかありません。

MSGは日常生活に余りにも深く浸透しているものですから、これを完全に避けるのは難しいと思います。特に外食を全くしないという現代人はあまりいないでしょうから、少しずつ体内に入ってきてしまいます。

グルタミン酸ナトリウムに対する防御策

それでも、オーソモレキュラー栄養療法には、ちゃんと防御方法がありますからご安心ください。MSGがNMDA受容体に結合するとカルシウムチャネルが開いて、細胞内にカルシウムが流入するわけですが、「亜鉛」と「マグネシウム」があれば、このチャネルを閉じることができます。これらのミネラルには神経の興奮を抑制する作用があり、いわばMSGの解毒として作用します。その他、タウリンやピリドキサール(ビタミンB6)も毒性の緩和に役立ちます。

逆に控えるべきサプリメントは、カルシウムとグルテンです。グルテン(小麦、大麦、ライ麦、大豆、乳製品などに含まれる)は体内でグルタミン酸に変換されます。グルテン不耐症の人は、グルタミン酸不耐症だとも言えるわけです。粗悪なパンや大豆の過食はこうして炎症を引き起こすから控えるのが賢明ですね。

アスパラギン酸(アスパルテームの原料)もカルシウムチャネルに作用して神経を興奮させるという、MSGと同じ機序で体に悪さをします。人工甘味料の入ったガムとかフリスクの類は食べないのが賢明でしょう。

編集者の見解
認知症とマグネシウム不足の関係は、エビデンスとして相当確度が高いと思います。

参考サイト

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2092675

中村先生は、両者の間にMSGの摂取量も絡んでると睨んでいますが、そういうことをはっきり示した文献はまだ見つかっていないようです。

いずれにせよ、毎日の健康習慣としてマグネシウムのサプリメントは摂取していて損はないと思います。摂取するなら特にクエン酸マグネシウムが良いと思います。私は、毎日500mg-1000mgのクエン酸マグネシウムを摂取しています。目的はエネルギー代謝効率の向上、筋肉の質の改善、頭痛予防です。今のところかなりポジティブな結果が出ています。

参考

”Excitotoxins~ the taste that kills” (Russel Blaylock著)


オーソモレキュラー栄養療法で筋痛症改善を!

神戸ナカムラクリニックの中村篤史院長がUROOM調布成城にてオーソモレキュラー診療(自由診療のカウンセリング)を不定期ではありますが月に1回、10名様限定で実施いたします。筋痛症を根本から改善されたい方、筋肉の質を改善されたい方などはぜひご参加ください。



腰痛改善の鍵は高たんぱく質


筋肉のロックが原因となる腰痛、股関節痛、膝痛、五十肩などの疼痛ですが、発症した方の多くが、”質の栄養失調”に陥っています。
腰痛を改善するための体質改善にとても重要な栄養素、たんぱく質を摂取することで痛みが改善するメカニズムを詳しくご説明いたします。


ABOUTこの記事をかいた人

續池均

プロアスリートチューニングサロンMYONPATHY Muscle Labダイレクター
セブンシーズ・アンド・パートナーズ株式会社代表取締役

大学卒業後、食品メーカーに7年勤務し、ITベンチャー企業へ転職。2005年12月に事業管掌役員として東京証券取引所マザーズ市場に上場を果たす。その後、独立起業し現在に至る。
現在は、三児の父として育児のかたわらボランティアで「小学生低学年および園児向けサッカー教室」の運営や「学生の就職活動支援カウンセリング」など社会起業家として活動している。「ミオンパシーは、人々の痛みを癒し笑顔にすることができる」という理念に共感し、社会貢献の一環としてミオンパシーサロンUROOMを開業。